さよなら、スバル フォレスター

どもっ!今年も春爆には縁がなさそうなガンバサーはしもと(@hanemot)です。

ツラい思い出

3年前の成人の日に亀山ダムへ行ってました。この日です。

午後から降りだした雪はどんどんどんどん積もって、帰る頃には雪国の様相。あそこまでの雪景色、そこら中で立ち往生してるクルマ。2WDのノーマルタイヤ(7年交換なし)&チェーンなしのプジョーで6時間ほどかけて亀山ダムから自宅へ。何度もスリップし、ハンドルを取られたりしたが、無事故帰宅は今思い出しても奇跡です。

blog_import_56739062297bb

この状態でよく帰ろうと思ったな・・・あそこまでの恐怖と不安は今でもジブン史に残るツラい思い出。誰とも共有出来ないのがもどかしい。ROAD of DEATH、二度と経験したくない思い出(今なら即、車中泊と判断)。

買い替えを決断

東京=東日本であり、雪と向き合う日が少なからずあると痛感。関東をなめてました。

スタッドレス履くほど雪の日にクルマには乗らない(乗りたくない)が、自然相手の趣味を楽しむ以上、このようなコトも想定しつつ、ある程度の装備をしないと周りに迷惑をかける事になる。と思い、クルマ買い替えを決意。

選択肢は4WD。

年齢も年齢なので「楽」したい気持ちになってたので国産車に決定。それ以外は何でもええか、と軽い感じでディーラー巡り。ちょうどトンネル崩落事故があって、唯一の生き残りがスバル車というニュースを見たので、しょっぱなにスバルへ。その後エクストレイル、CX-5を検討しましたが、トータルバランスから最初に見たスバル フォレスターに決定。

フォレスターのここが良かった

「アイサイト」

これに尽きる。今でも買って良かったと自信を持って言える品。これのおかげで大阪へ往復やアクアラインの渋滞もだいーーーーーーーーーーぶ楽チンに。

ただのブレーキアシストと思うなかれ、全車速自動追尾機能があるのだ。むしろこっちが重要じゃないだろうかと思います。少し眠たくても大丈夫。(かっくんくらいね)。少しテレビを見ても大丈夫。自動運転とまではいかないが、アシストが本当に優秀。右足の操作が無くなるだけ(停車時にブレーキは必要)でこんなに楽になるとは。と、ひたすら感動したもんです。

年間5000km未満のジブンが1万キロ越えに変わる。ここまで変わったカーライフ。それだけ乗り心地というか使い心地が良かったってことでしょう。

IMG_5862

先日の甲府遠征を最後にジブンから卒業されました!

フォレスターのニーズが高いらしく、世界的に在庫不足だそうです。知りませんでした。なので下取り価格が高めです!《車買取》愛車を一番高く売るなら♪
160万〜170万円の値段がつきました。(当初は・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。