パワーフィネスが流行りそうだが、あえてラバージグに回帰。

回帰どころかあんまり使ってないんで恐縮です

雑誌(特にイマカツ)や亀山ダムでの釣果情報を見てると、今シーズンはパワーフィネスブームになりそう(そう仕向けられてる)。関東フィールド以外はPEとスモラバでカバーを攻めるスタイルはそんなにはやってないのかね?

ジブンが初めて亀山に来たときはすでにブームは去ってましたが、ブーム再来ってことですかね。ジブンが亀山に通い始めた5年前はスモラバ、レッグワームなどライトリグが最盛期やった気がする。。

ミーハーなのでいつもなら食い気味にブームに乗っかりますが、この流れに関しては少し変えてみようかと。ノーフィッシュに終わった昨年12月のトキプン最終戦で貴重なバイトをもたらせたラバージグで。

トキタオープン2015最終戦 亀山ダム釣行記

ジブンのジグ歴は夏の琵琶湖にてハネジグでしか釣ったことありません。あとはスコーンくらい。亀山ではほとんど投げません。

ジグっていいなと感じた記事をご紹介

亀山湖へダイブ

この方、トキタの常連さんらしいのでどこかでお見かけしてるかも知れませんが、面識はありません。釣りだけでなく、とても文才でブログがとにかく面白い。声を出して笑うコトも。こんな風に面白く書けるのはうらやましい。

記事はラバージグのスカート素材が変わるかも?という記事ですが、長く読者をしてるとKJさんのジグに対するコンフィデンスが伺い知れます。ここぞという時には必ずラバージグが出てきますので。秋口から悩まされてたすっぽ抜けもジグならイケるかも?と思ったわけですよ。安易で流されやすい。

ラバージグな理由

スモラバを使ってるし、釣ってもいますがどうも苦手意識がとてません。パワーフィネスやベイトフィネスでやってるんですけど、ネコリグに比べるとロストがとても多く、その4倍くらいスタックするので集中力が持ちません…。スモラバ+ベイトタックルはジブンにはピーキーすぎて使いにくい(スキルやタックルバランスの問題でもある)。

O.S.P(オーエスピー) ルアー JIG 4 SYNCHRO 2.4g SS-11 グリパンブルーF

そんなわけで自然と出番が減ってゆくわけですが、カバーばっかりやってるとどうしても必要なシーンが出てくるというジレンマ。付け替えるのがめんどいのでネコリグのままやってるとスッポ抜けたりして余計にストレス。ハイシーズンならともかく秋以降はより使い分けてやらないと、せっかくバイトまで持ち込んでもキャッチが出来なければ意味が無い(特に大会では)。

下手くそなりに工夫がいります。小さいか大きいかの違いで、やってることはほぼ同じ。小さいモノを扱うのが苦手なら大きいモノにから練習するしかない。まだ2日しかやってませんが、けっこういい感触でした。ジブンには合ってそうだったので今シーズンのカバー攻略はネコリグとジグの2本立てにしようと思います。

ジグはジブンで巻く派

夜な夜な考えごとをしながら巻いてみました。ベースはFINAのシューティングボール7g(そもそもスモラバとジグの境界線ってどこなんやろか)。イメージしてたよりガードが柔らかいが大丈夫かな。

IMG 5306

カラーは亀山ちらし寿司風。スレッドは苦手なのでワイヤーで止めてます。

IMG 5307

年に数回しか巻かないのでド下手ですね。オフシーズンだからもっと作りたいが、テスト検証ができないから量産できないのが悩み。やっぱり家の近くに川が欲しい。。。

ということで、今シーズンはジグで釣って「おったな〜」と動画を納める事が目標DEATH!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。