出張でバルセロナに来てます

朝から晩まで働く、時差が生み出すビジネスタイム

ども!ガンバサーはしもと(@hanemot)です。

今年もMWCの仕事でバルセロナに来てます。

「いいな〜」とか「かっこいい」とかいろいろ言われますが、そんなに大したことではないし、できるなら代わって欲しいくらい。あ、仕事を頂いてることには感謝もしてます。が、しかしである。けっこう大変なんです。海外出張。

朝9時から夜9時までずっと体育館のような場所で延々と作業するので、むしろ日本にいる時より就労時間は長く、ホテルには寝に帰ってるだけという社畜スタイルである。さらに、言葉が通じない&ホテルのグレードが低い&物価が高いので日本にいるほうがよっぽどマシなんじゃないかと思う。
太陽に当たる時間も短く、通勤の数分とお昼休みに行くカリフールまでに往復だけである。

時差がマイナス7時間ということもあり、こちらの朝は日本は昼過ぎ。こちらが目覚めたと同時に待ってましたとばかりに日本からの怒涛のメール攻撃。午前中や前日夜に出た課題を投げつけるわけですよ。スマホにLINEで『メール送ったんでチェックよろしく〜。』と既読スルーも許されないダブルアタック体制。しかたなくこちらは6時起床してメール返信をこなしがら朝食という、仕事のデキる男っぽい!

1時間ほど日本に向けて発信を繰り返し、ようやく支度へ。といっても冷蔵庫も無いボロホテルなのでシャワーを浴びて着替えるだけである。40分ほどかけて現場へ移動し、開店準備作業。開店すればこっちのもの!というわけではなく、イベントなのでトラブルがつきもの。だいたい毎朝1〜2時間はバタバタするもんで、今日も例に漏れずトラブルを対処。オープンから2時間、11時くらいにようやく落ち着くので控室に戻り、やめときゃいいのにメールチェック。きてる、きてるさっき送った返信の返信と夕方にくる急ぎ対応の依頼メール。

ふう。日本はこれから夜になるが、こっちは12時前。まだまだ時間がるのでこれらについてはゆっくり対応。

時差の分、多く働かないとあきませんねん。

楽しみは夜ご飯

そんな苦行に等しいバルセロナ出張もいいことがある。それは夕食である。名物のパエリアをはじめ地中海でとれる新鮮な魚介類のメニューはどこの店もハズレ無し!(値段の高い安いはあるが)

なのに、なのに、なのにである。

まさかの風邪っぴき。日本にいる時はあれだけなりたかったインフルエンザにもかからないのにである。

初日のホテルで乾燥対策を忘れてノドをやられた&2日目の夜に寒いにも関わらすオープンテラスで食事したのが原因だと思われる。今どき5人中4人が喫煙者と珍しいパーティにつき、年長者にも関わらず「数」という力に屈服しテラス席に2時間もいたことが、風邪気味だったものが風邪完全体へとつながることに。

日本にいれば休む事もあるが、ここは替えの効かない海外。日中はなんとか気力で持ちこたえるも(他者から見ると「あいつ働きわりーな」かもしれんが)、夜ご飯をテラス席で食べるという愚行を繰り返す気力も体力も食欲もなく、2日間夜ご飯なし!

唯一の楽しみなのに〜!である。いやマジで。

夜ご飯代わりにヨーグルトをと思い買ったのが、生クリームだったり、翌日は間違えまいと選んだつもりが、寒天みたいなババロアみたいなヨーグルトとは似て非なるものでした。就寝中の水分補給のために買ったミネラルウォーターもガス入り・・・外国の買い物は難易度高いぜ。

幸い風邪薬を持ってきてたのと夜は安静にしてたので、これを書いてる今は80%回復した。

残り3日、あと3回しか夜ご飯が食べれない!

今日、喫煙者2名が帰国の途についたので、残り3名・・・2対1ではあるが、2年目のペーペーと外注先の担当者なので、権力を振りかざし店内で食事を断行します(必ず)。2日間美味しい夜ご飯を食べれなかった恨みを、食事中・酒を飲んでる時にタバコを吸えない苦しみにかえて彼らに与えようと思う。

最後に

飲むヨーグルトと思って生クリームを飲むのは、コーラと間違えてをコーヒー飲む(そのまた逆もしかり)のよりはるかに気持ち悪いものでした。そもそも飲み物ちゃうしな!

IMG 5765

気をつけて下さい!これは生クリームですよ!パッケージに騙されてはいけません!

ジブンの語学力の低さとひ弱な身体に自問自答しながら40分くらいで書きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。