新規を受け入れない業界が衰退する

これって釣り人も同じだなと思い、ツイートしたら多くのいいねをもらいました。ありがとうございます。

しかし、これなかなか難しい問題で、新規には厳しくなる問題はどこの業界にもあるっぽい。ジブンが好きなJリーグもしかり。根源は全員が同じ気持ちなのではないということ。

生業、素晴らしさや楽しさを共有したい側と楽しんでる側ではまったく感情が異なる。

生業としてる人からすると、ビジネス拡大・競合排除や永続化に向けて新規顧客を増やしたいのに対し、変化を嫌う現状がベストと感じてるユーザーは、場を奪われる、荒らされるので新規を排除しがち。

しかし、これは長い目で見ると排除することで逆に自分たちの楽園を壊そうとしてるということに気がついているのだろうか。

もっとより良いサービスのために・老朽化した設備のメンテンス・高騰する原材料仕入れのためなどなど、提供する側からするとお客さんに満足してもらうために今より収入を増やしたいと考えるのに対し、それを常連やベテランが邪魔するとなると「害」以外の何者でもない。

SNS上の発言がすべて本気とは思えないが、元ツイートについてるリプが読んでると分かり合えないもの同士と言った感じでしょうか。高度情報化社会においてイデオロギーの対立は絶対に無くならない気がしてます。

釣り業界の発信する側としては、少しでも「壁」が取り除けるよう日々努力しないとならないと改めて感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。