思考キャパシティには限界がある?

1日に考える量は決まってる?

花粉症ではまったくないのですが、体内に取り込める花粉の器が人によって違い、その器からあふれると花粉症になる的なことを聞いたことがあります(違ってたらごめんなさい)。人間って1日に考える・書く行為のキャパシティでもあるのだろうか。

この4月より担当業務からホームページ更新とSNS更新が別の方へ移行したとともに、また書きたい欲が出てきてブログなんぞ書いとります。考える・書く行為というよりは外部発信にとてもパワーが必要なのかな?と感じはじめてます。やっぱ何万人に対して発信するとなると間違いができないし、オフィシャルの発言だと責任もかかるし、慎重になる。当たり前だが、個人アカウントのプレッシャーとは比べ物にならない。もちろん個人でも燃えるリスクはある。

かろうじてTwitterはちょこちょこつぶやいてたが、ブログはまったく書く気が起きず開店休業状態。オン/オフを切り替えてやればいいかと思ってたのですが、実現できずの3年でした。

脳に刺激を与え、老化防止に

釣りのことはほどぼどにして日記ベースの思いつき発信ブログに。

ブログ再開のもう一つの理由は漢字が書けない事、人の名前が思い出せない、モノの名前が覚えられない、パッと出てこない。完全に老化です。過去の出来事が思い出せなくなっても読み返せば思い出せるそんな場所にしたいなと。

これからちょこちょこやっていくつもり

気になるニュースも

会社が危ない、今の仕事を辞めたいってわけでもないんですが、自分磨きというか常に勉強をしないとダメな時代なんですよ。これからますます競争が厳しくなると思うので「先に気づいた人から生き残れる」そんな時代。収入だけで格差社会なんて言われてますが・・・そういうことっ。

あとはYouTubeやりたいなー

DIYモノでもやろうかなっ

OSMO POCKETが欲しい今日このごろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。