キャッシュレス時代にマッチしたミニマムな財布「PRESSo」と世界最小小銭入れ「CHIP」

キャッスレスライフ

この春からキャッシュレス生活をはじめてます。

iPhone6からXSに変更し、アップルウォッチ3を手に入れてから飛躍的にライフスタイルが進化。

PayPayの100億円祭りには乗り遅れたので参戦できずでしたが、今ではPayPayをはじめとする電子マネーを積極的に活用中。

PayPayはレジの支払い時に微弱Wi-Fi拾ってしまいもたつくと焦りますが、アップルウォッチでSuicaやIDならスムーズに支払いが可能で、電車・バズなど交通機関、コンビニやドラッグストアの支払いはほぼ100%これで処理してます。

その他、クレジットカードも1本化して電子マネーが使えないショップではカード払い中心。どうしても田舎に行くと現金を使わざるを得ないのですが、なんとかあまり現金使わず半年ほど続いてます。

ちょっとした外出ならサイフを持ち歩かなくていい、銀行やコンビニのATMへ頻繁に行かなくていいのがすごくラク。

そして、ログが残るのでとても便利。
あれ?この支払なんやっけ??というのもさっとチェックすればすぐ分かるので、忘れっぽい自分にピッタリ。

ちょっとややこしいのが、種類が多すぎること。paypay、LINEpay、メルペイ、ファミマペイ・・・どんだけあんの!ってくらい。頻繁に買い物しないだけに、「ほんで今どこの電子マネーがお得なん??」というのがわかりにくい。

それくらいで、概ね不便さを感じることは少なく、むしろメリットの方が多い印象です。

キャッシュレスライフで変わるもの

キャッスレスライフを始めたものの、何も考えず惰性で持ち続けていた財布。

会員証やクレジットカードなどかばんに入れて持ち歩くだけ持ち歩く日々。3ヶ月続けてきたけど、財布を変える、必要なもの以外は持たないという意識は低く、古い考えのままだったので、たまたまネットで見つけた記事というかページを読んでまさに目からウロコ。すぐ買いました。

キャッシュレス時代にマッチしたミニマムな財布「PRESSo」と世界最小小銭入れ「CHIP」。

販売サイトのコンセプトによると

様々な情報が飛び交い、モノが溢れる今の世の中。

日々無数に選択肢が増えていくにつれ、現代では人々の指向は「より多く」から「より少なく」へ、「安くてそれなり」よりも「高くても満足できるもの」へと変化してきています。

消費が変化していく過程で、財布というモノの在り方や私達のライフスタイルもこれからきっと大きく形を変えていくでしょう。

その時代の変化に合わせて今必要な機能と品質をギュッとまとめた最小の財布、それが「PRESSo(プレッソ)」です。

キャッシュレスに移行しつつ、何も考えず惰性で持ち続けていた財布。現金を持ち歩かないだけでなく、必要最低限のもの以外は持ち歩かないという発想が最高にカッコイイやん。ちょうどいろいろ断捨離中だったので、このコンセプトにすっかり共鳴。

どういう人がこれを作ってるのか気になって、調べてみるとまだ20代の若者たち

自分が20代の時なんかドブラックの会社で朝から晩まで仕事し、休みの日はネットゲームしてるだけの日々やったのにえらい違い…。こういう賢く、センス良くしっかりマインドを持つ青春時代をおくりたかった。

中目黒在住というアピールが若干イキりっぽく聞こえるが、自分も中目黒の近く学芸大学に住みイキってたので少し親近感もある。この出会い以降(一方的な)、彼らのブログ読んでちょっと真似して買ってしまったモノもチラホラ。
全く世代が違うのにイイなと思うものを紹介してくれるのですっかりブログ読者に、最近はYouTubeに力を入れてるというのもいい。ライティングや画像処理など参考にしたい。

ブロガーって怪しげな情報商材やアフィリエイトばかりのイメージが先行しててなんかちょっと違うなと。もちろん、お小遣い稼ぎできたら嬉しいけど下世話というか必死というか・・・ダサいなと。(読んでたブログの質にもよるのかもしれませんが)
釣りもめっきり行かなくなった(書きにくくなったという側面もある)のでブログも放置してたのですが、こちらのブログを読むようになって少し考え方が変わり、ぼちぼちリスタートしたきっかけにもなったかなと。

PRESSo&CHIP開封インプレ

まずは、現状との比較です。

いつ使うかわからないカード、ショップごとのポイントカードが束になってるmyウォレット。すごい量のカード達、頻繁に使うもの・ここぞという時に出すカード・めったに使わないカード・こんなんあったっけ?みたいなカードまで・・・。

比較するとどえらい差です。そのシンプルさが際立つ…名刺サイズでめっちゃスマート!

ではいよいよNew財布の開封の儀です。

PRESSo

コンパクトな黒いケースに梱包されており、取り出すと手書きイラストの取説。新品で購入したものは、これから使い始めると思うと開封時にワクワクします。

カラーはシンプルなカラーにしました。グレーやイエローという珍しいカラーでも良かったのですが、長く使うならシンプルで飽きのこないカラーがいいと思い、こちらのカラーにしました。確かカラー名は「モカ」。

三つ折り構造でひとつひとつにカードが入ります。

真ん中はポケットになっており、単体で使う場合は小銭入れに使うことも可能とのこと。

右側はスリットになっており、ここにお札が6枚収納可能。

合計6枚のカードと少しの紙幣が収まるシンプルかつミニマルな財布

キャッシュレス時代におけるライフスタイルを先取ったアイテムで令和をスタートさせたいと思い、ようやく届いたのでさっそく愛用開始。

まずは慣らし期間ということで厳選3枚!

と言いたいところですが、さすがに3枚は不安なので慣らし期間中は元の財布も持ち歩いてます。

こんなカードをたくさん持ち歩いてる人が突然カード6枚まで絞れるのか?我ながら信じられないが、テスト期間中はほぼ使ってないからきっと大丈夫。

CHIPS

世界最小小銭入れという謳い文句の通り、小さい。想像以上に小さい。

チャックがもう少しスムーズに開くとなおよしなんですが、コンパクトサイズ&曲線なので致し方ないのかも。ちょっと小さすぎるかもなので別の小銭入れと併用しながら様子見ムード。余った小銭は貯金箱へ〜という考え方もあるんですが、最近たまった貯金箱を銀行に持ち込むも両替手数料を結構取られるのでそのまま持ち帰られる方が多いそうです。世知がない世の中です。

ただ、小さすぎるからいつか無くしそうなのが不安要素。GPS入れるとせっかくのミニマムな雰囲気がくずれてしまうしなんか違う。なるべく無くさないよう革製品の経年変化も楽しみたいと思います。

ちょっと頑張って#育成中でアッピールせねば。

クラウドファンディングは心踊るアイテムが沢山

PRESSo厳選6枚は何を入れるのか、、免許証・保険証・クレジットカード、あとはなんでしょか。また半年後にでも紹介したいと思います。

令和にぴったりな財布と出会えたwebはやっぱおもしろい。

ちなみにこれを買う為に、初めてクラウドファンディングを利用しました。

MAKUAKEというサイト

今まで興味はあるけどなかなかチェックできないジャンルでしたが、よくよく見ると興味深いアイテムがチラホラ。何個か買ってしまったので、入手次第ここで紹介したいと思います。

はっしーはこう思うよ。

イイと思うものに年齢や性別は関係ない。そして何事も遅すぎることはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。