たこ釣りサイコー!

念願のタコ釣りへ

前回の更新が、1年前・・・いろいろすっ飛ばしてます

大阪に帰ってきました!

そして、念願だった明石へタコ釣りへ!パイセンに予約をとってもらい、明石林崎漁港の小松乗合船へ。遊漁船は常連にならないと敷居が高い雰囲気があるが、ここはアットホームな雰囲気でとてもいい感じの遊漁船でした。外にあるマグネットを取り、座席を確保しておき時間になったら受付をして代金を支払うシステム。

いろいろ久々すぎて写真とってないという・・・。

いざ、出船

仕掛けはPE4号にリーダー20ポンド、重り50号、25gのエギを2個付け。エギはハリミツの蛸墨族。リールはグラップラー300HG。余談ですが、初めての釣りチャレンジについては、ジギング同様に釣具店の役割は重要だなと、毎回考えさせられます。

さて、出船後まもなく、10分〜15分でポイントへ到着。移動はそんなにしませんので船酔いもしにくいのがいいですね。

タコ釣りに難しい操作は一切不要!落として底でシェイク。※もはやシェイクもいらない気もしてます。シェイクしてしまうのは釣り人の性というべきか。とはいえ、時々根掛かりもあるみたいなんである程度の操作は必要。潮の流れが早いところはお祭りもあるので、時々回収して入れ直したほうがいいかと思います。

アタリなのかよく分からない重みがあり、適当に合わせます。

何度か失敗ののち・・・

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

はじめてのタコですよ、なんて簡単に釣れるのか。船中3番目でした。

何度か脱走され、ネットでのキープ状態に課題を残しました。両隣の方にご迷惑をおかけしてしまいました。チャック付き洗濯ネットがオススメとのことです!100均で買いたいと思います。

ルアーローテーションで巻き返す

その後も定期的に釣れるものの、自分だけアタリが遠のく。両サイドが釣れるのに自分だけ釣れないと焦る!あまりにアタリがなく眠くなってきたが、おにぎりなどで一息入れて釣り再開。

ここまで好調だったエギに見切りをつけてルアーローテーション

エギではなく、スッテとワームの組み合わせたようなデビルクラッカーにチェンジ!ワームに抱かせて、アワセた時にズルっとずれて針に刺さるという仕組みっぽい。

デビルクラッカーに変えてから再び釣れるようになり、なんだかんだ釣れ続けました。6時出船で13時帰着。8時間でトータル10本と初めてにしてはそこそこ釣れたかと思います。

タコ #タコ焼き

Takashi Hashimotoさん(@hanemot)がシェアした投稿 –

底に住んでるタコをルアーで釣るんですが、おそらくルアーはなんでもいい(タコは馬鹿)そして、釣れる数がちょうどいい。やっぱ程よく釣れるって重要ですな。

次の日にたこ焼きにして美味しくいただきました。

タコ釣り面白い〜はやくも次回行きたくなりましたね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。